事業概要・実施体制

テニュアトラック制

<事業概要>

「九州大学テニュアトラック制」は、参加する分野を一部の分野に限定せず、全学から本制度に参加する部局を募集する点に特徴があります。テニュアトラック制教員の育成計画や部局の改革構想、テニュアトラック期間終了後の部局配置(テニュアポスト)の準備状況等について、全学の学術研究・産学官連携推進委員会において審査を行い、優れた計画を提案した部局を「実施部局」として選定するとともに、そうした実施部局の提案内容を学内に広く周知することで、より良い人材育成計画を全学的に広げていく仕組みとなっています。
テニュアトラック制教員の選考にあたっては、実施部局による国際公募を行い、外部有識者、高等研究院関係者を交えて選考した上で、役員会の承認審査を経て採用します。テニュアトラック制教員は、5年間のテニュアトラック期間中に、研究費、研究スペース、設備、研究補助者等の措置、メンター教員の配置などの支援を受けて、自立した立場で研究を推進できます。採用後の3年度目までに中間評価、5年間の期間終了までにテニュア審査を受け、評価基準を満たした者がテニュアポストへの採用となります。

<実施体制>

テニュアトラック制教員は実施部局において自立的に研究を行い優れた能力を十分に発揮できるよう、研究費及びその他の研究環境の面で配慮しています。

本学において、テニュアトラック制教員が大学本部・部局両面から充実した支援を受けられる体制を構築しています。

<「九州大学テニュアトラック制」の概要>

卓越研究員事業

<事業概要>

本学は、基幹総合大学である強み・特色を活かし、広く総合的な専門性を有し、高い独創性を発揮する卓越研究員(本学では卓越研究員制教員と呼称します。以下、同じ。)の育成を行います。卓越研究員が自立的な研究環境を整備するために、共用の実験機器の確保、研究スペースの優先的使用、研究費の助成、メンターの配置などの支援を行います。
卓越研究員は、原則6 ヶ月程度、海外の大学等で研究を行うことを義務づけるとともに、学部生・大学院生への講義や研究指導を行います。
また、卓越研究員には、テニュアトラック制度を適用し、採用後の3 年度目までに中間評価を行い、5 年度目までにテニュア審査を受け、評価基準を満たした者をテニュアポストへ採用します。

<支援内容>

研究費(2年間) 各年度 600万円(人文・社会科学系は400万円)
研究環境整備費  各年度 100万円(人文・社会科学系は50万円)
その他、海外の大学等で研究を行う場合の経費を支援する。

<九州大学卓越研究員制度のイメージ>