本学は、「自律的に改革を続け、教育の質を国際的に保証するとともに、常に未来の課題に挑戦する活力に満ちた最高水準の研究教育拠点となる」ことを基本理念としています。

この基本理念を実現するために、第3 期中期目標・中期計画期間における今後6 年間の経営戦略として「九州大学アクションプラン2015-2020」を策定しています。このアクションプランにおいても、将来の研究活動を担う優れた若手研究者を育成・確保するとともに、総長のリーダーシップの下に推進する重要施策を通じて、卓越した成果を創出している海外大学と伍して、全学的に卓越した研究教育を展開していきます。そのため、これまでに本学で培ってきた若手研究者の養成システムを基盤に、全ての分野で世界のトップ100 を目指す、本学のスローガンである「躍進百大」の実現を図っていきます。

「卓越研究員事業」、「テニュアトラック普及・定着事業」は文部科学省の支援を受けて実施しています。